読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホホバオイルはアトピニーに効く!?効果や使い方を解説!

ホホバオイルがアトピーに効くと聞いたので実際に使ってみて効果を確かめてみました!当ブログでは

アトピーには絶対未精製のホホバオイル!ナチュラルオーケストラがオススメな理由

アトピーの人のホホバオイルの使い方

こんにちは!柳内です!

 

あなたはホホバオイルの中でも

精製されているものと

未精製のものがあるのをご存知でしょうか?

 

実はこの精製されているかされていないかは

アトピーの方にとって重要だったりします

 

ということで今回は 

精製済みと未精製のホホバオイルの違いと

そのなかでもオススメのホホバオイルを紹介したいと思います

 

 

未精製と精製済みの見分け方は?

 

まずはホホバオイルの見分け方に

ついてお話させていただきます

 

未精製と精製済みは簡単に見分けることができ

その違いとはずばりでわかります

 

精製されたホホバオイルは

このように透明なのに対して

 

f:id:yanai0713:20170214151010j:plain

 

 

未精製のホホバオイルは

このように金色をしているのです

 

f:id:yanai0713:20170214150729j:plain

 

 

 

未精製と精製済みの違いは?

 

精製されたものというとなんだか

高級そうなイメージがあるかと思いますが

実はまったくの逆で

精製をするのは安く大量に売るためです

 

そして精製されたホホバオイルはその過程で

本来持っているはずのたくさんの栄養素を失ってしまっています

 

精製済みのものを使うメリットとしては「安い

これにつきますね!

 

たいして未精製のものは

余計な加工をされていなく天然なままで

栄養がたっくさんあります

 

具体的に言うと

天然トコフェロール、ミネラル、アミノ酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

などが含まれていますね!

 

なんで未精製のほうがアトピーにいいの?

 

近年の研究(ミンガン大学、ポートエリザベス大学の研究)では

ホホバオイルがアトピーの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌する効果がある

ということがわかりましたが

これは精製済みでも未精製でも同じ効果があります

 

そこで未精製のホホバオイルを選ぶべき理由とは別にあり

未精製のホホバオイルにはビタミンDが含まれていることが重要になります

 

なぜビタミンDが含まれているといいかというと

ビタミンDには表皮にたいして二つの効果があります

 

1)傷害された表皮バリア機構の修復
2)抗菌ペプチド(ディフェンシンやカテリシジン)の産生

 

簡単に言ってしまえば

頭皮ケアをするのにすごくいい

ということと

 

ステロイドによる細菌感染をふせいでくれる 

ということにあります

 

まず頭皮ケアについてですが

ビタミンDを頭皮与えることで

表皮のバリアを修復させてくれる効果があるので

フケ対策や頭のかゆみなどがかなり軽減できます

 

他にもアトピー用の頭皮ケアができる保湿剤は

あるのですが保険適応外のものばかりです

 

次にステロイドの細菌感染の件です

これはステロイドを使用する人にかぎりますが

ステロイドはカンジタなどの細菌に感染しやすいんですよね

 

たまにステロイドを塗っても炎症が効かなくなるのがこれです 

そのステロイドの上からビタミンDを塗ることによって

抗菌ペプチドが産生されるので細菌感染を防ぐことができる

ということでした!

 

あとは使い心地にかんしては 

透明のものはちょっとべたっとしてて

ワセリンぽいのが嫌と思う人がいるかもしれません

 

対し、未精製のものは

さらっとしていて肌にしっとりなじむ感じがあります

髪や頭皮に塗るのにも適してるといえますね!

 

未精製のホホバオイルはナチュラルオーケストラがおすすめ!

 

ここまで未精製のホホバオイルの

良いところを説明させていただきましたが

未精製のホホバオイルのなかでも

私はナチュラルオーケストラがおすすめです!

 

なぜかというと

ナチュラルオーケストラは

未精製のなかでも日本で唯一

厳しい審査を潜り抜けた最高品質のホホバオイルだからです

 

詳しいことはこの記事で説明してますので

お読みいただけたら幸いです!

 

yanai0713.hatenablog.com