読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホホバオイルはアトピニーにおすすめ!使い方や効果の解説!

ホホバオイルがアトピーに効くと聞いたので実際に使ってみて効果を確かめてみました!当ブログでは

アトピーにはホホバオイルと馬湯、結局どっちがいいの?

 

 

こんにちは!柳内です!

 

アトピーの保湿剤について 

調べたことがあるというかたは

ホホバオイルのほかにも馬油がいいと

聞いたことがあるかと思います

 

保湿のしくみについて

f:id:yanai0713:20170217170029j:plain

https://www.pakutaso.com/20141050295post-4740.html

 

 

さっそくホホバオイルと馬油の

比較をしていきたいところですが

そのまえに少し保湿の仕組みについて

説明させてください!

 

まず、皮膚とは表皮と真皮にわかれ

その中でも何層にも重なり合ってできているのですが

保湿で一番大切になるのは

皮膚の中でも一番外側の角質層になってきます

 

角質層は0.2mmとサランラップ一枚並に薄く

デリケートな部分で、ここが壊れると水分が維持できなくなり

乾燥肌になりしまいにはアトピーになります 

 

ですからアトピーを治すには

この角質層をどうやって維持するかが問題になってきます

 

そして角質層の保湿の仕組みとは

角質層の中にある

天然保湿因子(水分)細胞間脂質(セメント)皮脂(油)

この3つをバランスよく蓄えることが必要となってくるのです

 

 

そしてホホバオイルと馬油は 

このなかの(水分)(油)の2つを

担うものだということを覚えておいてください

 

ホホバオイルと馬油のちがいとは?

 

f:id:yanai0713:20170214195051j:plain

 

おまたせしました!

それではさっそくこの2つを比較していきましょう!

 

まず、ホホバオイルと馬油の役目は同じで

肌に水分と油を補充することで保湿をします

  

そしてこの二つのオイルには保湿のほかに

どちらも抗菌作用をもっています

 

ですのでかなり似ているオイルになるのですが

一つの違いとして植物性動物性

ということが上げられます

 

もちろんホホバオイルが植物性で

馬油が動物性なのですが

どちらにするかは自分のアレルギーによって決めましょう

 

たとえば花粉症の人は植物にアレルギーを持っている方が多いですし

犬猫にアレルギーを持っている方は馬もダメな可能性があります

 

もし、花粉症で犬猫がダメでも

アレルギー反応はでない可能性も多いので

(私も花粉症で犬猫アレルギーでしたがどちらも大丈夫でした)

 

とりあえず大丈夫そうなものを買ってみるのもありだと思います

 

その他の細かい違い

f:id:yanai0713:20170217170446j:plain

 

細かい違いで言うと

どちらの油も人体構造に近い成分でしたが

どちらかというと馬油のぼうがさらに人体に近く

保湿力が高いといえます

 

馬油の一番の利点は

最強の保湿力といってもいいですね

 

次に抗菌作用のめんでいうと

一応馬油にも抗菌作用はあるのですが

こっちは肌に油を染み込ませて菌を入らせないようにする

といった感じで、そこまでの抗菌作用はありません

 

それに対しホホバオイルの抗菌作用は

アトピーの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌してくれるので

馬油より優れているといえます

 

という感じで比較するならば

抗菌のホホバオイル(植物性)

保湿の馬油(動物性)

といったかんじでしょうか

 

馬油について詳しい説明はコチラから

bayuatopi.xyz

まとめ

このようにホホバオイルと馬油

どっちが優れているというわけではなく一長一短

といった感じでした

 

自分の症状やアレルギー、用途によって

使い分けられるといいですね!

 

それと角質層の保湿の仕組みとは

水分とセメントと油でしたよね?

 

水分と油はホホバオイルか馬油でいいとして

まだセメントが足りません

 

この中で一番大切なのはこのセメントの部分だといわれていて 

アトピーの人はこれが圧倒的に不足しています

 

これを補うには「セラミド」という成分をとるのですが

セラミドに関しては詳しくはコチラからどうそ!

 

アトピーの乾燥肌はセラミド不足が原因だった!? - アトピーにおすすめのセラミドサプリメントを紹介!