読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホホバオイルはアトピニーにおすすめ!使い方や効果の解説!

ホホバオイルがアトピーに効くと聞いたので実際に使ってみて効果を確かめてみました!当ブログでは

アトピーの保湿剤はホホバオイルとワセリンどっちがいい?比較してみた

 

こんにちは!柳内です

 

 

アトピーのかたが使用する保湿剤で

ワセリンを使用する人は多いかと思います!

 

私も一時期はワセリンにお世話になっていて

今では使いどころによっては使用しています

 

そんなワセリンとホホバオイル

どっちを使えばいいのかわからない

という質問をいただきました

 

ということで今回は

ホホバオイルとワセリンの違いについて

詳しく比較していきたいと思います

 

 

 

ホホバオイルとは?

 

f:id:yanai0713:20170214195051j:plain

 

まずはホホバオイルの説明からしましょう!

 

ホホバオイルとは

メキシコやアメリカに生息する

ホホバという木から抽出されるオイルのことです

 

その昔から火傷や怪我、肌の保湿に使用され

砂漠からの黄金のオイル」とまで言われています

 

ホホバオイルの最大の特徴は

ワックスエステルによる安全性

黄色ブドウ球菌を殺菌する抗菌性です

 

ホホバオイルの詳しい説明はコチラから

yanai0713.hatenablog.com

 

 

 ワセリンとは?

f:id:yanai0713:20170305110039j:plain

 

次にワセリンの説明ですが

ワセリンとは石油から抽出されるオイルのことで

かぶれ、傷、手あれ、火傷と万能に使えます

 

石油って体に悪いんじゃないの?

なんて思いますが石油の元は大昔のプランクトンで

さらにそこから不純物を取りのぞいたものなので

体に悪影響はまったくありません!

 

ワセリンの最大の特徴は

安全性安さです!

 

ワセリンの安全性は

ワセリンがだめなら塗れる保湿剤はない

といわれているくらいで

ワセリンにアレルギー反応を示す人は

ほとんどいなかったりするのです!

 

ワセリンについての詳しい説明はコチラから

dialysis.jp

 

 

ホホバオイルとワセリンの比較

 

同じオイルタイプの保湿剤で

どちらも比較的安全なオイルですが

具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

それぞれみていきましょう!

 

抗菌作用で取るならホホバオイル!

 

先ほども言いましたがホホバオイルとは

アトピーの原因であるといわれる

黄色ブドウ球菌を殺菌してくれる作用をもっています

 

ホホバオイルを塗ると

痒みが以前より治まっている気がするのはそのためです

 

またホホバオイルはステロイドとの併用も相性がよく

ステロイドによって感染症にかかりやすくなるというリスクを

上からホホバオイルを塗ることによって抑えてくれます

 

対してワセリンは

一応抗菌作用もありますが

肌にうっすら膜をはって菌を付くのを

防ぐだけでホホバオイルのようにはいきません

 

コスパで選ぶならワセリン!

 

やはりワセリンの圧倒的な魅力は

安価で気軽に使えることでしょうか

 

ワセリンはこの500gの白色ワセリンを

1000~1500円で買えることができ

毎日使っても半年から1年は持つので

めちゃくちゃコスパがいいです

 

また水に溶けにくい性質を持っているので

水仕事をする際に手に塗っておくと

手あれの予防になったりもします

 

安全性の面ですが

ホホバオイルも安全だとは言われますが

中には植物アレルギーを起こす人もいるので

そこも考慮すればワセリンに軍配が上がります!

 

もし、ホホバオイルでダメだったという人は

ワセリン、もしくは馬油を試してみることをおすすめします!

 

 

ホホバオイルと馬油の比較はコチラから

 

 

まとめ

 

ということで今回はホホバオイルとワセリンを

詳しく解説させていただきました

 

抗菌のホホバオイルと

安全安価のワセリン

 

どちらも一長一短ありますが

用途や自分の症状によって

使い分けができるといいかもしれませんね!

 

 

私のおすすめするホホバオイルはコチラから

yanai0713.hatenablog.com