読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホホバオイルはアトピニーにおすすめ!使い方や効果の解説!

ホホバオイルがアトピーに効くと聞いたので実際に使ってみて効果を確かめてみました!当ブログでは

アトピー肌にホホバオイルを使うとかゆくなる?その理由とは?

 

こんにちは!柳内と申します!

 

 

ホホバオイルはかなり安全に特化したオイルで

保湿剤の中でもトップクラスの安全性を誇ります

 

しかし、口コミをみるとそんなホホバオイルを使って

かゆみを誘発してしまう方もちらほらみかけます

 

ということで今回はアトピー肌にホホバオイルを使って

かゆみを引き出してしまうのはなぜか解説していきたいと思います!

 

 

ホホバオイルを使ってかゆくなるわけとは?

ホホバオイルを使って悪化してしまう理由は

3つほど考えられます!

 

1、植物アレルギーの場合

まず一つ目は植物アレルギーの場合です!

 

ホホバオイルはのホホバとは木の実のことで

植物から取れるオイルなのです

 

人間はどんな植物にでも

100%アレルギーを起こさない植物はない

と言われているのでもちろん

ホホバオイルにアレルギーを起こしてしまう人もいます

 

特に杉やヒノキなどにアレルギーがある方

いわゆる花粉症だとホホバオイルにも

アレルギーをもっている可能性があるので

少し注意が必要です

 

2、炎症部分に塗ってしまった場合

次に炎症部分に塗ってしまった場合ですが

これもかゆみを引き起こしてしまう可能性があります

 

というのもホホバオイルは添加物が入っていないので

普通の保湿剤にはある抗炎症作用がないです

 

なのであまり炎症部分に塗ることはおすすめできません

 

炎症と言っても粉吹きからじゅくじゅくと

化膿したものまでピンからきりまでありますが

少しでも出血している部分にはやめておいたほうがいいかもしれません!

 

3、脂漏性皮膚炎の場合

そして最後に脂漏性皮膚炎の場合です

 

これは、アトピーのかたにとても多く

ステロイドやプロトピックが効かない場合は

アトピーではなく脂漏性皮膚炎だったりします

 

脂漏性皮膚炎とは簡単にいってしまえば

肌の油(皮脂)が過剰に分泌されてしまい

マラセチア菌(カビ)が活性化することによって起こる炎症です

 

これは皮脂が出すぎてしまうことが問題なので

そこにオイルタイプの保湿剤を塗ってしまうと

脂漏性皮膚炎を誘発してしまう可能性が高いです

 

脂漏性皮膚炎について詳しくはコチラから

dialysis.jp