読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホホバオイルはアトピニーに効く!?効果や使い方を解説!

ホホバオイルがアトピーに効くと聞いたので実際に使ってみて効果を確かめてみました!当ブログでは

アトピーのクレンジングにはホホバオイルが最適なわけとは?

アトピーの人のホホバオイルの使い方

 

f:id:yanai0713:20170214143949j:plain

 

こんにちは!柳内です!

 

アトピー肌だとクレンジングって難しいですよね?

 

お化粧をしないならしなくてもいいですが

私も夏は日焼け止めを塗るので

クレンジングの難しさに驚いた覚えがあります

 

実際、女性で顔ばかりアトピーが酷い場合は

メイクの仕方やクレンジングのやり方が

自分にあっていないということが多いです

 

そんなクレンジングですが

アトピーの方には実はホホバオイルが

最適だったりします!

 

ということで今回は

正しいクレンジングのやり方と

なぜホホバオイルが最適なのか

ということを解説したいと思います!

 

 

なぜクレンジングは必要なの?

クレンジングとは顔を洗う行為ですので

当然少なからず皮膚にダメージを与える行為です

 

それでもクレンジングをしなければいけない理由は

クレンジングをしないと肌にメイクなどの成分が残り

大きな肌トラブルを引き起こしてしまうからです

 

しかし、実際はそのクレンジングの仕方や

選ぶクレンジング剤が間違っている方も多く

余計に肌を傷めてしまったいるのが現状です

 

 

ですので出来ることなら肌断食といって

メイクをしないほうが肌にはいいのですが

そうもいっていられないのが現実なので

しっかりとしたクレンジングを学びましょう!

 

クレンジング剤の選び方!

クレンジング剤は

弱すぎても汚れが落ちないし

強すぎても肌の刺激になるので

自分にあったものを選ぶのはかなり難しいです

 

クレンジング剤の種類は

・クレンジングシート

・オイル

・リキッド

・ジェル

・クリーム

・ミルク

と、たくさんあるのですが

抑えるべきポイントは使用されている油です!

 

クレンジングに使用される油は3種類あって

・油脂

精油

・鉱物油

このどれかが使われていて

どれも一長一短あるのですが

私がおすすめするのは油脂です!

 

鉱物油も主にワセリンになどに使われていて

安全だったり安かったり、メイクが落ちやすい

というメリットがあるのですが

 肌への吸収率が高いというデメリットが大きすぎて

あまりおすすめできなかったりします

 

肌の吸収率が高いとなぜ悪いかというと

しっかりメイクは落としてくれるのですが

逆にクレンジング剤が肌に残ってしまうんですよね

 

なので鉱物油ベースのものはW洗顔のものが多いですが

W洗顔は肌をいためるのでアトピーのかたには向いていません

 

 続いてお勧めの油脂ですが

油脂は動物性や植物性の油のことをいい

ホホバオイルや馬油などに使用されているものです

 

特徴としては

肌への吸収率もそこまでないので

水に落ちやすく洗顔も不要だったりするところです

 

酸化しやすいというデメリットもあるのですが

ホホバオイルには酸化しないという性質があるので

クレンジングに最適だったりします!

 

(ちなみにクレンジング剤が肌で酸化してしまうと

遊離脂肪酸が増えそれが皮膚に刺激になってしまいます) 

 

やっぱりアトピーにはホホバオイルが最適!

 

アトピーのかたにおすすめするクレンジング剤は

油脂ベースであるホホバオイルです!

 

先ほど言ったとおり油脂の

酸化しやすいというデメリットを

ホホバオイルは補っており

 

また、ホホバオイルの油は

ワックスエステルという人の肌と構造が似ている成分が

多く含まれ人体にとてもやさしくなってします

 

 

クレンジングのやり方としては

 

1、ホホバオイルを適量手のひらに広げ

  鼻→口周り→生え際→頬の順でメイクと馴染ませていきます

2、次にティッシュで浮いてきたメイクの汚れを

  吸い取るようにして取ります

 (※こすると肌の刺激になるので気をつけましょう)

3、最後に洗顔料をよく泡立てて汚れを洗い流しましょう!

 

 

私がおすすめするホホバオイルはコチラから

少々値が張りますが毎日メイクする場合は

しっかりクレンジング剤にお金をかけることをおすすめします!

yanai0713.hatenablog.com